ヒゲ脱毛のメリット・デメリットをヒゲ脱毛完了した管理人が解説

ヒゲ脱毛のQ&A

ヒゲ脱毛のメリットとデメリットを解説していきます。

ヒゲ脱毛の5つのメリット

ヒゲ脱毛をすることで得られるメリットって何でしょうか?ざっと上げてみました。

ヒゲ脱毛のメリット
・清潔感が出て、若く見える
・会社で上司に「清潔感を出せ」と言われなくなる
・第一印象に自信が持てるようになる
・合コンで連絡先をもらえる率が高くなる
・青髭が濃くてバカにされなくて済む
・カミソリ負けでヒリヒリしなくなる
・粉を吹いていた肌の状態が良くなる
・面倒な髭剃りをしなくてすむ、時間の無駄がなくなる
・髭剃りしない分、お金がかからない

たくさんありますね。

これらを5つにまとめて解説していきます!

メリット①:見た目が清潔で爽やかになる

ヒゲ脱毛をすると見た目が清潔で爽やか変わります。

これぐらい変わりますからね。
↓↓

管理人は、ヒゲ脱毛をすることで、清潔感が出て爽やかになった結果、合コンとかに行ったときの連絡先獲得率は上がりましたよ。

それぐらい見た目が変わります。

メリット②:メンタルがポジティブになる

ヒゲ脱毛をすることで、メンタルがポジティブな方向に変化します。

先ほど、「合コンでの連絡先獲得率が上がった」といいましたが、これはヒゲが濃いことで見た目に引け目があることから来る自信の無さが解消されたことによる影響も大きいと思います。

ちょっとしたことでメンタルは変わります。それが人生を良くするなら、積極的にやった方が良いと思います。

それに、青髭が濃くて「おっさん!」とからかわれていた人は、確実にそのトラウマを解消できます。

このようにヒゲ脱毛をするとメンタルが良い方向に変わりますよ。

メリット③:肌トラブルが減る

ヒゲ脱毛をすると髭剃りの回数が少なくなるので、肌トラブルが減ります。

肌トラブルとはヒリヒリしたり、粉を吹いたり、血が出たり、ニキビみたいのができたり、といったことです。

これらの最大の原因は髭剃りです。

髭剃りは肌を削る行為です。そのときに肌を守る大切な機能(バリア機能)も根こそぎダメにしてしまいます。

毎日、バリア機能をそぎ落としているのですから、肌の調子が良くなるわけがありませんよね

ヒゲ脱毛をすれば、髭剃りを辞めることできるので、肌トラブルは確実に減ります。

メリット④:時間が節約できる

ヒゲ脱毛をすることで時間の節約ができます。

例えば、髭剃りに5分かかっていたら1年間で約30時間ぐらいはかかっています。

※5分x365日÷60分=29.166・・時間

1日以上、髭剃りをしているので、まぁ、無駄ですよね。

この時間が無くなるので、時間が節約できますよ。

メリット⑤:お金が節約できる

ヒゲ脱毛をすることでお金の節約もできます。

お金とは、髭剃り代やシェービングフォーム代です。

T字カミソリなら、1台1,000円で替え刃が1つ400円、シェービングフォームは1本1,000円ぐらいだとすると、年間1万円~1.5万円ぐらいかかります。

10年単位で計算すると10万円~15万円ぐらいかかりますよね(ひえぇ~)。

ヒゲ脱毛をすればこれらの無駄を節約できるようになります。

ヒゲ脱毛の7つのデメリット

ヒゲ脱毛のデメリットをざっと挙げますね。

ヒゲ脱毛の7つのデメリット
痛みがある
お金がかかる
何度も通う必要がある
完了までに数ヶ月~数年がかかる
期間中は日焼けNG
二度と生えて来なくなる
メンテナンスが必要

ここからはデメリットについてご案内していきます。

デメリット①:痛みがある

基本的に、どの脱毛方法にも痛みがあります。

毛の根元にある毛を生成する組織にダメージを与えるために、熱を利用するからです。

光脱毛で60~70℃レーザー脱毛で200℃前後です。

光脱毛や家庭用脱毛機は痛みが比較的ソフトですし、痛くないように冷やしながら施術をします。

ですが、それでも弱い人にはツライと思います。医療脱毛は麻酔が必要なほど痛かったです。

ニードル脱毛は下手な人が施術をすると脂汗が出るほど痛いです。それでいて麻酔が利用できないので、ハードなプレイになります。

なので、光脱毛か麻酔のあるレーザー脱毛をおすすめします。

デメリット②:お金がかかる

少なくとも数万円かかります。

家庭用脱毛機の場合は3万円~7万円かかります。

光脱毛やレーザー脱毛の場合、費用は部位と状態によって変わります。

3部位の場合でご案内しますね。

ヒゲ脱毛後の状態料金の目安
青髭が薄い3万円~10万円
ツルツルに近い状態10万円~20万円

3部位ではなく首も含む6部位にすると金額は変わってきます。

より詳しい料金の相場はこちらのヒゲ脱毛の料金の相場のページでチェックしてみてくださいね。

デメリット③:何度も通う必要がある

脱毛は1回では終わりません。完了までに結構な回数がかかります。

光脱毛とレーザー脱毛でそれぞれ異なります。

脱毛後の状態レーザー脱毛光脱毛
青髭を薄くする5~10回10~15回
ツルツルに近い状態にする12~18回20~30回

結構な回数がかかりますね。

レーザー脱毛では25回、光脱毛では40回通うような人もいる、とのことでした。

デメリット④:完了までに数ヶ月~数年がかかる

回数がかかる分、期間もかかります。

青髭を薄くする場合は半年~1年程度です。

ツルツルに近い状態にするには3~4年ぐらいかかります。

薄くなってからツルツルになるまでの期間が長いです。

回数は光脱毛の方が多いですが、通う期間は同じぐらいです。

デメリット⑥:期間中は日焼けNG

脱毛期間中は、「日焼けはしないようにしてくださいね」と言われます。

というのも、脱毛機から照射される光やレーザーは、毛の黒い部分(メラニン色素)に反応して熱に代わるのですが、肌が黒いと肌のメラニン色素にも反応してしまい、最悪、火傷のリスクがあるからです。

安全性を考えるとできるだけ日焼けは避けた方が良いです。

家から駅までの日焼けなど、些細な日焼けなら大丈夫ですよ。

デメリット⑦:二度と生えて来なくなる

一度脱毛すると、二度と同じような生え方にはならないです。

青髭を薄くすると毛の本数が減りますし、細くなります。ツルツルにするとチョロチョロ生えてくるぐらいになります。

スポーツやアーティスト、タレントのように「ヒゲをデザインしたい!」と思っても、髭は生えてこないのでできなくなってしまいます。

あとは、年齢を重ねていき、マネジメントをするような立場に立った時に、若く見られることがマイナスに働くこともあります。

デメリット⑧:メンテナンスが必要

一度完了しても、髭がチョロチョロと生えてくることがあります。

この髭を脱毛することをメンテナンスと言います。

光脱毛や家庭用電気脱毛はもちろん、永久脱毛といわれる医療レーザー脱毛でもニードル脱毛でもチョロチョロ生えてきますので、メンテナンスが必要です。

光脱毛の場合は、このメンテナンス料が80%OFFになるなど、リーズナブルなところがあります。
タイトルとURLをコピーしました