ヒゲ脱毛の後に抜けない!効果が無い?不安なあなたに原因と対策を解説

ヒゲ脱毛のQ&A
「ヒゲ脱毛の後に全然抜けないんだけど、俺大丈夫?理由って何?」、「高い金を払ったのに効果が無いの?」と考えていませんか?

ヒゲ脱毛をしたものの、全然ヒゲが抜けてこない!という方が稀にいます。

ヒゲ脱毛後に毛が抜けない原因は5つあります。原因を理解してから対策をしましょう!

【よくある順】ヒゲ脱毛しても抜けない5つの原因

  • 【原因①】日数が経っていない
  • 【原因②】SHR式の脱毛機を使用した
  • 【原因③】思ってたんと違う!
  • 【原因④】照射パワーを落としていた
  • 【原因⑤】打ち漏らしがあった

原因はよくある順に掲載しています。

それぞれ説明していきますね。

【原因①】日数が経っていない

まず考えられるのが、脱毛後あまり日数が経過していないことです。

ヒゲ脱毛をしたらすぐに効果が出て欲しいですよね。

メンズ脱毛サロンやクリニックに聞くと、ヒゲ脱毛の後にポロポロと抜けてくるまでの日数は10日~2週間でした。

【プロの回答】ヒゲ脱毛後に抜けるのはいつ?メディオスターの場合は?
「ヒゲ脱毛して10日経ったらポロポロと抜けてきた。・・・これでいいのかな?」、「メディオスターの場合はどれぐらいで抜けるの?」と考えていませんか? 初めてヒゲ脱毛を受けた後、実際に毛がポロポロと抜けてくると...

ただ個人差があります。私の場合は5日目に抜けましたし、1ヶ月経ってようやく毛が抜ける人もいます。

【原因②】SHR式の脱毛機を選んだ

SHR式とは、具体的にはメディオスターやソプラノアイスと言われるレーザー脱毛機のことです。

メディオスターとは?効果ナシは嘘!経過と回数を写真付きで公開!
2016年に登場し、今では多くのクリニックが導入しているレーザー脱毛機「メディオスターnextPRO」。その特徴や他との違い、脱毛効果について写真付きで経過と回数を体験者がレポートしています。

2016年以降に登場した脱毛機ですが、痛みがソフトなため、選ぶ人が多いです。

それ以外のレーザー脱毛機では、毛根へ直接ダメージを与えて熱破壊しています。この場合は10日から2週間ほどでポロポロと抜けてきます。

ですが、SHR式の脱毛機では、毛の種を生む組織のバルジ領域にダメージを与えていて、今見えている毛への作用は何もありませんので毛は抜けません。

また、脱毛効果はゆっくり出てきます。5ヶ月~半年ぐらいで効果を実感するようになります。

選んだ脱毛機がSHR式だった場合、効果が現れるまでじっくり待つ必要があるんですね。

【原因③】思ってたんと違う!

「脱毛したらポロポロとスグに抜けていく」、「これぐらいの回数、脱毛したらこれぐらい効果が出る」と考えていませんか?

先ほどもお伝えしたように、ポロポロと抜ける日数は一般的には10日~2週間です。

威力が強いレーザー脱毛でも多くの人は平均12~15回は脱毛します。

湘南美容クリニックのカウセラーの人に聞くと

湘南美容クリニックのカウセラー
中には24回脱毛している人もいらっしゃいます

ということでした。

光脱毛だと20~30回でツルツルになる人が多いです。RINXのカウセラーの人に聞くと、

RINXのカウセラー
多い人で40回も脱毛している人もいらっしゃいます

ということでした。

私は、脱毛は1回すれば終わると勘違いしていました。何度も何度も脱毛しないといけないと知ったときは驚きました。あなたはどうでしょうか?

抜けるまでの日数や効果を実感できるまでの期間には個人差があるので、あまりに気にしないようにしましょう。

【原因④】照射パワーを落としていた

レーザー脱毛機や光脱毛機でもそうなのですが、脱毛機のパワーを落として照射することがあります。

 照射パワーを落とす3つの理由
  • 【理由①】日焼けをしている
  • 【理由②】毛が太くて密集している
  • 【理由③】肌が乾燥している

毛の黒い部分に反応する光を照射するので、日焼けした黒い肌に照射すると、肌荒れのリスクが高まってしまうんですね。

最悪の場合は火傷のリスクもあるため、照射パワーを落として脱毛をします。

また、あまりにも毛が太くて密集している、青髭が濃い場合や肌が乾燥している場合。

このような場合は、脱毛施術による痛みがひどくなってしまうので、それを抑えるために、パワーを落とすことがあるんです。

パワーを落としているので、効果が減少し、効果が無いと思ってしまうことがある、というわけです。

【原因⑤】打ち漏らしがあった

脱毛機の照射口は数mm~数cmです。

それをたくさんパシパシと照射をしているのですが、人のやる作業なので間隔(空間)が空いてしまうことがあります。

この間隔が空いてしまうことを打ち漏れといいます。

打ち漏れについて、脱毛のカウセリングでリスクとして説明してくれるところもありますが、そうでないところもあります。

もしまだメンズ脱毛を選んでいないようでしたら、そういった説明をキチンとしてくれるところで施術を受けることをおすすめします。

ヒゲ脱毛で「抜けない!効果が無い!場合の対策はシンプル!

ヒゲ脱毛しても抜けない原因は4つありましたので、その順番に対策方法をご案内していきますね。

【対策①】日数が経っていない場合は待つ!

ヒゲ脱毛をしてから数日しかたっていない場合は、ポロポロと抜けてくるまで静かに待ちましょう。

私の場合は、5日で抜けるようなこともありましたが、一般的には10日~2週間です。ただ、個人差があるので、それ以上待つことになる人もいます。

焦らず、自然に抜けるのを待ちましょう。

【対策②】SHR式の場合は脱毛機を替える or 待つ

痛みが苦手なのでメディオスターでの脱毛を選んだのだと思いますが、実際、受けてみてどうですか?

実際、そこそこの痛みがありますよね。なので、結局は麻酔を使っていませんか?

もしそうなら、メディオスターでの施術ではなく、それ以外の脱毛機に「変えたいです」と伝えてみてください。

ただ、こちらから指定することができるクリニックは少ないです。

脱毛機を指定できるところは、私はゴリラクリニック以外は知らないです。

メディオスターでの施術から変更できない場合は、効果が出るまで待ちましょう。

効果が出ないわけではありません。今の脱毛の効果は3ヶ月~先に出てきますので、気長に待つだけです。

【対策③】思ってたんと違う!

自分が思っている抜けるまでの日数や効果を感じるまでの期間と違う場合。

個人差があるので焦らずに待ってみてください。

一般的には抜けるまでに10日~2週間、効果を実感するまでに3回ですが、必ずしもそうではありません。

【対策④】照射パワーを上げてもらうようにする

照射パワーを落としている理由は次の通りでした。

  • 日焼けをしている
  • 毛が太くて密集している
  • 肌が乾燥している

なので次のように対策をしてみてください。

  • 日焼けをしている ⇒ 日焼け止めをはじめとした紫外線対策をする
  • 毛が太くて密集している ⇒ 脱毛の回数を重ねる
  • 肌が乾燥している ⇒ 化粧水や美容クリームで保湿をする

このうち、毛が太くて密集している場合は、あなたもメンズ脱毛サロン・クリニックもやりようがありません。

何度も脱毛をし続けてください。必ず効果が出てきます。

【対策⑤】打ち漏らしの場合は電話する

もし打ち漏らしだと思ったら、即、サロンやクリニックに電話してください。

カウンセリング時に、リスクとして説明してくれているところなら、優先的に予約を入れてくれて、速やかに診察し、必要な施術をしてくれます。

そもそも、打ち漏れ自体が少ないです。私は一度も打ち漏らされたと思ったことはありません。

とはいえ、万一のときに対応してくれないところもあると思います。泣き寝入りしないですむように、やはりカウセリングで説明をしてくれるところを選ぶようにした方が良いですよ。

タイトルとURLをコピーしました