ヒゲ脱毛は日焼け前後はNGってマジ!その理由を徹底解説!

ヒゲ脱毛のQ&A

ヒゲ脱毛前後の日焼けはNG!その3つの理由とは?

効果的かつ安全なヒゲ脱毛を行うためには、施術前後の日焼けはNGです。

日焼け後に肌が赤くなって炎症を起こしていたり、皮がむけていたりする場合、基本的にヒゲ脱毛を受けることはできません。

ですが、日焼けしてから肌が黒くなって落ち着き、日焼け前とほとんど肌の色が変わらない状態になれば脱毛してもらえるケースが多いです。

ただしサロンやクリニック、使用する脱毛器によって対応できる範囲には違いがあります。

ではなぜ日焼け禁止なのか、その理由は3つあります。

ヒゲ脱毛前の日焼けがNGな理由は以下の3つです。

 ヒゲ脱毛前の日焼けがNGの3つの理由
  • 肌トラブルが起きやすい
  • 脱毛の効果が減る
  • 痛みが強くなる

そもそもレーザー脱毛や光脱毛は、毛の黒色を形成する「メラニン色素」にレーザーや光が反応し、その熱によって毛を作り出す組織を破壊するしくみです。

日焼けした黒い肌は通常よりもメラニン色素が増えており、ヒゲだけでなく皮膚にまでレーザーや光が反応してしまいます。

強い熱エネルギーが肌に与えられるので、熱傷(やけど)を負ってしまうリスクが高くなるのです。

ただでさえ日焼け後の肌は、水分量が低下して乾燥しています。

そこに熱エネルギーが与えられてさらに乾燥してしまうので、やけどだけでなくシミや色素沈着が起きやすくなってしまうんです。

また毛にエネルギーが集中せず肌に分散されるため、脱毛の効果が減ってしまう点が大きなデメリットです。

黒さの度合いによっては肌へのダメージを抑えるために脱毛器の出力を下げなければならず、そうなるとより効果がダウン

さらにレーザーや光が肌全体に反応するぶん、施術中に感じる痛みが強くなります。

日焼けして水分量が減った肌は温度が上がりやすく、熱による痛みを感じやすいのも理由です。

もともとヒゲは毛の太さや皮膚の薄さのために、脱毛による痛みが強い部位なのでより注意しなければなりません。

以上3つの理由から、施術前の日焼けには十分注意する必要があります。

ヒゲ脱毛の後に日焼けがNGな理由

脱毛前と同じく、ヒゲ脱毛の後も日焼けはNGです。

その理由はこの2つ。

 ヒゲ脱毛の後に日焼けがNGな2つの理由
  • 肌トラブルが起きやすい
  • 次回の施術の効果が減る?

前の項でご案内したとおり、脱毛は強い熱エネルギーを持つレーザーや光を肌に当てる方法で行います。

そのため脱毛後の肌は水分が蒸発して乾燥し、炎症を起こして軽いやけどのような状態です。

そこに日焼けしてしまうとさらに肌が乾燥し、シミや赤み、色素沈着のリスクが高まります。

2つ目の理由が、次回の施術の効果が減ってしまうからです。

日焼けした肌が完全に戻るまでの期間は、20代であればおよそ2週間〜1ヵ月

その後は年齢とともにどんどん遅くなっていきます。

ヒゲ脱毛の間隔は1ヵ月ごとが一般的です。

次の施術までに肌の色が戻っていなければレーザーや光が分散したり、脱毛器の出力を抑えたりしなければならず効果に影響が出てしまいます。

そうなると予定していた回数内に脱毛が終わらず、期間が延びることにもなりかねません。

肌のためだけでなく効率的にヒゲ脱毛を進めるためにも、期間中は日焼けしないようによく気をつけてくださいね。

ホントに日焼けがNGなのか?サロンやクリニックに聞いてみた!

クリニック

冒頭でご案内したとおり、日焼けした肌に対応できる範囲はサロンやクリニックによって違いがあります。

実際にどの程度であれば脱毛してもらえるのか、サロン4社、クリニック8社に聞いてみました。

仕事の関係でどうしても日焼けしてしまう、もともと日焼けしやすい肌の人は要チェックです。

メンズ脱毛サロン 4社

まずは、ヒゲ脱毛ができるメンズ脱毛サロン4社の回答をご案内します。

ルソニア
肌状態にもよりますが、基本的に赤みや炎症がないお肌でしたら脱毛を行う事が可能でございます。

メンズ脱毛MAX
可能です。

メンズ脱毛RINX
皮膚がめくれている、真っ赤や真っ黒になっているということでなければ日常生活での日焼けや自黒の方でも受けている方がほとんどです。お写真を送っていただければご判断できますので、ぜひお気軽にご連絡くださいませ。

メンズ脱毛NAX
お肌が黒いと、痛みの原因となりますので、極端な日焼けや日焼けの前後は脱毛行えません。状態を確認させて頂き、パッチテストなどのご対応は可能です。

調査の結果、対応できる範囲はサロンによって少しずつ違いがありました。

日焼けしている人が全く脱毛できないことはありませんが、やはり炎症や極度な日焼けの場合は施術できないサロンがあるので注意しなければなりません。

つづいてクリニック8社の回答もご案内します。

クリニック8社

次は、ヒゲ脱毛に対応しているクリニック8社の回答です。

聖心美容クリニック
色黒の肌でしても施術可能ですのでご安心ください。

表参道スキンクリニック
当院のレーザー脱毛機は色味、メラニンに反応しますので皆様日焼けには十分に注意して頂いております。実際に脱毛できるかどうかは医師の診察に入らせて頂きお肌状態を確認させて頂きます。

メンズリゼ
色味によっては火傷のリスクがございますので、照射できかねる場合がございます。
照射の可否は医師が直接見て判断致します。

Dr.COBA
レーザーは黒い色素に反応しますので、お肌状態によっては脱毛は出来かねます。

共立美容外科
弱い出力で行う場合、回数が更に必要となります。
また、照射が出来るかは診察次第となりますのでご了承下さいませ。

名古屋中央クリニック
肌の色が黒くてもメディオスター脱毛は照射できますが日焼けをした状態ではあてれないので、脱毛中は現状から日焼けをする行為を避けUVケアをすることをお勧めいたします。

城本クリニック
色黒の方はレーザーの出力を調整し、脱毛をしていきますが、程度にもよりますので、医師のカウンセリングにて案内します。

ゴリラクリニック
お肌の色味よっては照射をお控えいただく場合がございますが照射後すぐに毛の抜けないタイプの機種であれば比較的にお肌の色味がございましても照射が可能でございます。

クリニック8社に聞いてみた結果、全体的に「脱毛できるかどうかは実際に診察して判断する」という回答が目立ちました。

なかには日焼けした肌には施術できない、との答えも。

希望するサロンでヒゲ脱毛ができなかった、なんてことにならないよう、脱毛期間中はしっかり日焼け対策をしなければなりません。

おすすめ順に掲載!ヒゲ脱毛前後の日焼け対策3選

ここからは、ヒゲ脱毛前後にやっておくべき日焼け対策をおすすめ順に3つご案内します。

 ヒゲ脱毛前後にやっておくべき日焼け対策
  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 帽子・サングラスを使う
  • ビタミンCを摂る

日焼け止めクリームを塗る

日焼け止め

まず当然ながら必要不可欠なのが、日焼け止めクリームによる紫外線対策です。

日焼け止めには「SPF」「PA」の表記がありますが、SPF1で約20分の日焼け対策ができます。

一方、PAは数値ではなく「+」マークで表記され、最大が「PA++++」です。

たとえば以下のように、ケース別に選ぶ基準を変えるのがおすすめですよ。

 SPF・PAの数値の目安
  • 屋内で過ごす時間が長い日はSPF20〜30・PA+++
  • 屋外で過ごす時間が長い日はSPF50・PA++++

また、日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤は効果が大きいのですが、肌の負担になりやすい点がデメリット。

脱毛後の肌はデリケートなので、できたら紫外線散乱剤を選んだほうが安心です。

日焼け止めクリームは2〜3時間ごとに上塗りするのがベストですが、難しいときはなるべくこまめに塗りなおすよう心がけてください。

帽子・サングラスを使う

帽子とサングラス

加えて帽子やサングラスで日焼け対策をするのも有効です。

とくに見落としがちなのが「目からの日焼け」。

目から入ったUVに脳が反応して「メラニン色素を作れ」と命令を出し、肌の日焼けに影響してしまいます。

なるべくサングラスをかけて目からの日焼けを防ぎたいですね。

ビタミンCを摂る

ビタミンC

さらに、ビタミンCを積極的に摂って内側からケアすれば万全。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑えたり、すでに作られたメラニンの黒色を薄くしたりする作用があります。

サプリメントで摂取するほか、以下の食品から摂ることができます。

 ビタミンCの多い食べ物
  • 緑黄色野菜(ブロッコリー、パセリ、ピーマン)
  • フルーツ(レモン、いちご、みかん、キウイ、柿)

日焼け止めクリームや帽子・サングラス、ビタミンCの摂取で日焼け対策を万全に行い、スムーズにヒゲ脱毛が受けられるようにしてください。

ヒゲ脱毛をしてるけど日焼けしてしまう場合の対策4選

もしヒゲ脱毛中に日焼けしてしまった場合は、素早くアフターケアすることが大切です。

以下の4つの対策を試してみてください。

 日焼け後のアフターケア
  • 冷やす
  • しっかり保湿する
  • 水分補給する
  • ビタミンCを摂る

日焼けした肌は軽いやけどを起こしている状態なので、なるべく早く冷やして炎症を鎮めることが大切です。

まずは、肌を刺激しない程度の優しい水圧で冷たいシャワーを浴びます。

その後、タオルで包んだ保冷剤や氷、または濡れタオルを顔に当てて冷やしてください。

次のポイントが保湿です。

赤みやほてりが落ち着いてきたら、たっぷりの化粧水で肌に水分補給をします。

できたら肌に刺激の少ないタイプがおすすめ。

化粧水の後は、水分が逃げないようクリームやワセリンでフタをするのがポイントです。

保湿するときは摩擦せず、ハンドプレスしながら優しくていねいに馴染ませてください。

市販のクールダウン系のジェルや、消炎効果が期待できるアロエジェルを使ってもいいですよ。

パックやシートマスクなら、化粧水を塗るだけよりもしっかり保湿できるので便利です。

洗顔する場合は肌を刺激しないように、こすらず短時間で済ませます。

また日焼け後は肌が乾燥しているので、しっかり水分を摂って潤いを肌に補給してください。

あわせて、上でご案内した方法でビタミンCを摂取すれば完璧。

日焼けしてしまったらなるべく早くこれらの対策をとって、ヒゲ脱毛に支障が出ないようにすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました