メンズの脱毛けつ毛・尻毛の脱毛をするなら注意したいポイント!

尻 メンズ脱毛

けつ毛・尻毛は女性からの評判が悪い?男性の尻毛脱毛についてどう思う?

考える女性

おしりの毛は、けつ毛・尻毛・VIOのOライン(オーライン)など、様々な呼称がありますが、それについて女性がどう思っているのか調査してみました。

その結果、男性の尻毛について女性はあまりいい印象を持っていないことがわかりました。

個人差があり、受け入れてくれる女性が少なからずいます。

ですが、多くの女性が尻毛は無駄なものだと考えています。

中には、積極的に処理してほしいと願っている意見がありますので、尻毛脱毛をすること自体は恥ずかしいことではありません。

【自己流は危険】尻毛脱毛のメリット・デメリット

はてな
尻毛を脱毛する前に気になるのは、メリット・デメリットです。

ここでは、「思った以上にいいことがあるかも?」「実は危険なんじゃないか?」などの疑問を解消するために、メリットとデメリットそれぞれを詳しくご案内します。

尻毛脱毛のメリット

 尻毛脱毛のメリット
  • 排便時にふくのが楽になる
  • 衛生的
  • 臭わなくなる
  • 見た目がキレイになる

尻毛脱毛のメリット1つ目は、排便時にふくのが楽になることです。

肛門周辺に毛があると、排便時に便が毛に絡まり、取り除くのが困難です。

ふき残しがあれば、雑菌が繁殖して不衛生ですし、臭いが気になります。

逆に、ふき残さないようにと、強くこすることで粘膜が傷つき、痛みやかゆみの原因になることがあります。

毛がないと、こういった問題がなくなるため排便後はスムーズに身支度できます。

尻毛脱毛のメリット2つ目は、衛生的であることです。

先に述べたように、尻毛があると便が残りやすく肌にとって不衛生です。

さらには、下着や服、タオルにまで雑菌が拡大します。

また、毛が多いことで風通しが悪く、蒸れて雑菌が繁殖しやすい環境になります。

尻毛がなくなるとこの問題は起こらなくなるため、より清潔を保ちやすいです。

尻毛脱毛のメリット3つ目は、臭わなくなることです。

尻毛があると、残った便による臭いが起こり、下着や服に臭いが移り、周辺にまで臭いが拡散してしまう恐れがあります。

このほかに、蒸れることで臭いは発生し、特に汗をかく時期には独特の嫌な臭いを発することがあります。

匂いに敏感な女性のために、尻毛を無くしておくことは身だしなみの一つといえます。

尻毛脱毛のメリット4つ目は、見た目がキレイになることです。

頻繁に人目につく場所ではありませんが、プール・温泉・銭湯・病院などの着替えが必要な場面は意外とあります。

そんな時に、「おしりからはみ出している毛を見られたら嫌だな」と気にしながら過ごすのはもったいないです。

さらに、異性との交際の際には、もっと気になってしまいます。

尻毛をなくせば、より日々を楽しむことができるようになります。

尻毛脱毛のデメリット

 尻毛脱毛のデメリット
  • 脱毛時に痛みがある
  • 費用がかかる
  • 他人に処理してもらうのが恥ずかしい/li>
  • 自己流だと危険な場合がある

尻毛脱毛のデメリット1つ目は、脱毛時に痛みがあることです。

尻毛の生えている場所はとてもデリケートな場所で、痛みを感じやすいです。

尻毛脱毛の方法はいくつかありますが、多くは痛みを伴います。

痛みは我慢するしかないの?という疑問がありますが、そうではありません。

痛みを緩和するために、サロンでは特別な脱毛器や冷却をし、クリニックでは麻酔を使う場合があります。

自宅では、なるべく取扱説明書通りに使用することで痛みを最小限にすることができます。

尻毛脱毛のデメリット2つ目は、費用がかかることです。

自宅で尻毛脱毛をするためには、処理用の道具を揃える必要があります。

サロンやクリニックでは脱毛料金を払わなくてはなりません。

どちらも価格や効果は多岐にわたるため、慎重に比較して選ぶことが重要です。

自分にあった尻毛脱毛が叶うのであれば、投資したお金は無駄になりません。

尻毛脱毛のデメリット3つ目は、他人に処理してもらうのが恥ずかしいことです。

自分で処理する場合は問題ありませんが、サロン・クリニックではスタッフに施術してもらう必要があります。

当然、お尻を見せるので恥ずかしいと思う方はいます。

ですが、体験した方の感想は、すぐに慣れるので恥ずかしくなくなった、というものが多いです。

スタッフは日々脱毛を施しているので、淡々と冷静に作業をしており、特別な感情を持つことはありません。

むしろお客様や患者さんが喜んでくれると嬉しいと思うものです。

このことがネックになって脱毛に行かないのであれば、最初だけ勇気を出して見てください。

尻毛脱毛のデメリット4つ目は、自己流だと危険な場合があることです。

サロン・クリニックで尻毛脱毛する場合は、ほぼ危険はありませんが、万が一の時はすぐにケアしてもらえるため安心です。

ですが、自分で尻毛脱毛にチャレンジする場合は危険が伴います。

取扱説明書通りに行わない、使ってはいけない場所に使う、使ってはいけない道具を使う、などが原因で肌や粘膜が傷つくことがあります

デリケートな場所ですので、ちょっとしたことでダメージを受けて、炎症などが起こりやすいです。

もしトラブルが起こったら、我慢して悪化する前に病院で診察を受けてください

尻毛脱毛のおすすめ6方法!手軽に買える商品から永久脱毛まで

費用効果痛み
光脱毛14,000円/回〜二重丸
4〜5回で効果を実感
丸
医療レーザー脱毛16,000円/回〜二重丸
2〜3回で効果を実感
三角
麻酔使用可能
家庭用脱毛器50,000円〜丸
10回〜効果を実感
丸
除毛クリーム約1,000円〜三角
一時的効果
二重丸
ブラジリアンワックス約3,000円〜三角
一時的効果
バツ
シェーバー約3,000円〜三角
一時的効果
丸

尻毛の脱毛には自分でできるものからプロにまかせるものまで様々な方法があります。
ここでは、おすすめ順に6つの方法をご案内します。

このほかに、毛抜きやカミソリなどで毛を処理する方法はありますが、安全性に問題があるためおすすめできません。

痛みが少なく効果的な光脱毛

光脱毛
尻毛脱毛のおすすめ方法1つ目は、光脱毛です。

光脱毛はメンズサロンやエステサロンで受けることができる脱毛方法です。

毛の生えている部分にレーザー光を照射することで、毛根にダメージを与え、毛の再生をしにくくする仕組みです。

レーザー光を照射する際には、ゴムで肌を弾かれる程度の痛みが生じますが、我慢できない痛みではありません。

1回では脱毛は完了せず、数回照射することで徐々に毛が生えなくなります。

毛周期に合わせて数週間おきに照射する必要があり、効果を実感するためには数ヶ月を要する場合があります。

光脱毛は永久脱毛ではありませんが、回数が多いとほぼ永久脱毛と同じ効果が得られます。

料金は、店舗によって幅がありますが、1回あたり1万円台が多いです。

多くの店舗では、数回セットのメニューが用意されています。

回数が多いメニューほど1回あたりの費用は抑えることができます。

脱毛期間は長くなりますが、医療レーザー脱毛より安いことが多いので、痛みに弱く費用を抑えたい人にはぴったりです。

永久脱毛ができる医療レーザー脱毛

レーザー脱毛
尻毛脱毛のおすすめ方法2つ目は、医療レーザー脱毛です。

脱毛の仕組みは光脱毛と同じで、レーザー光をあてることで毛根にダメージを与える方法です。

光脱毛より出力が強いため、効果が高く永久脱毛ができます

出力が高いため、痛みが強く、医療機関でのみ施術可能です。

痛み緩和のために麻酔を使用することができる場合があり、特に尻毛は痛みを感じやすいので麻酔があれば安心です。

料金は、光脱毛より高いことが多いですが、光脱毛より少ない回数で効果を実感できます。

相場は、1回あたり2万円前後で、数回セットメニューでは安くなることがあります。

少しでも早く脱毛完了したいという方には医療レーザー脱毛がおすすめです。

自宅でじっくり家庭用脱毛器

家庭用脱毛
尻毛脱毛のおすすめ方法3つ目は、家庭用脱毛器です。

脱毛の仕組みは、光脱毛や医療レーザー脱毛と同じでレーザー光を照射して毛根にダメージを与える方法です。

家庭用にかなり出力が弱く設定されているので効果を実感できるまでかなりの期間と回数が必要です。

出力が低いため、安全性が高く、痛みを感じることが少ないです。

他人の目を気にせず自分のタイミングで照射できるので、じっくりコツコツと取り組める方にはおすすめです。

費用は、脱毛器の本体の価格として約5万円~かかるので、サロンやクリニックへ行くよりは安いです。

長期間にわたり、準備や片付け・アフターケアを自分でしなければならないので、面倒臭がりの方は続けるのが難しいことがあります。

手軽にできる除毛クリーム

除毛クリーム
尻毛脱毛のおすすめ方法4つ目は、除毛クリームです。

クリームを肌に塗って、薬剤で毛を溶かし、ふき取ったり洗い流したりして除毛する方法です。

処理後きれいに毛は無くなりますが、除毛クリームは脱毛ではないので、処理後1週間くらいでまた生えてきます

クリームを塗るだけなので痛みはありませんが、薬剤を使用するためにアレルギーなどに気をつける必要があります。

また、粘膜には使用できないので、説明書は使用前に必ず読んで正しい使い方をしてください。

価格は約1,000円で、ドラッグストアなどで比較的簡単に手に入ります。

ですが、商品によっては粘膜ではなくても使用できない場合がありますので気をつけてください。

瞬時にキレイになるブラジリアンワックス

脱毛ワックス
尻毛脱毛のおすすめ方法5つ目は、ブラジリアンワックスです。

液状のワックスを肌に塗り、シートを貼って剥がすことで毛を一緒にとる方法です。

毛を抜くため、痛みを感じやすいですし、1~2週間で生えてきます

除毛クリーム同様粘膜には使用できず、使用可能箇所が限られている場合がありますので、事前にチェックしてください。

約3,000円~が相場で、店頭よりネット販売の方が多くの種類があり、入手しやすいです。

整えるだけならシェーバー

シェーバー
尻毛脱毛のおすすめ方法6つ目は、シェーバーです。

髭用のシェーバーではなく、体用のシェーバーがあるので専用のものを使ってください。

痛みはありませんが、剃った後の毛がチクチクと不快に感じることがあります。

剃った直後のみきれいな状態ですが、毛の再生が早いためその都度処理する必要があります

シェーバー自体の価格にはかなり幅があり、安いものでは3,000円あれば購入できます。

カミソリよりは安全性が高いですが、見えにくい場所ですので取り扱いには注意が必要です。

尻毛脱毛はサロン・クリニックが一番!おすすめ3つの料金と効果を徹底比較

RINX(リンクス)湘南美容クリニックゴリラクリニック
脱毛種類光脱毛医療レーザー脱毛医療レーザー脱毛
効果丸
ほぼ永久脱毛
二重丸
永久脱毛
二重丸
永久脱毛
料金46,000円/4回など38,880円/3回など140,000円/5回など
回数・期間8回〜、1年〜3回〜、半年〜5回〜、10ヶ月〜
拠点数全国47店舗全国65院全国13院
男女スタッフ男性のみ男女男女

尻毛を脱毛するならけつ毛単発よりもその周辺をセットで脱毛する方が料金的にはお得です。

全国展開しているメンズ脱毛サロンやクリニックを掲載いたします。

男性専門サロンでコスパがいいRINX(リンクス)
https://higedatumo-omme.com/rinx/

全国展開でコスパ最強の湘南美容クリニック
https://higedatumo-omme.com/shonan-beauty-clinic/

有名人が自腹で通う人気の美容外科ゴリラクリニック
https://higedatumo-omme.com/gorilla-clinic/

メンズ専門の脱毛クリニックで料金がリーズナブル
https://higedatumo-omme.com/mens-rise/

タイトルとURLをコピーしました